スピードラーニングが改訂していた

スピードラーニングって、意外とやっている人多いんです。私の知り合いでも何名もいます。

その一人と話していて気づいたんですけど、スピードラーニングの中身が変わっています。このブログでも紹介した第3巻「オフィスの英会話」が現在は「日本へようこそ」に変更になっています。

新しいのは中身を聞いていないんですけど、日本を外国人に紹介する内容なんでしょうね、きっと。

確かに最近外国人がやたらと増えていますから、時代に併せて改訂したのでしょう。


時代に併せて改訂を続けるということは企業として大事なことだと思います。英会話教材、それもインターネットで広告している教材って、「あっというまにペラペラ」「たった○○を覚えるだけで話せる」といった威勢のいいキャッチコピーで登場するのはいいんだけど、あっというまに消えてゆくモノが多い気がします。

そんな中にあって、スピードラーニングは改訂を続けています。

ネット上ではスピードラーニングのことを「効果が無い」とか「詐欺だ!」って断言する人もいます。

でもこのブログの冒頭でも書いたんですけど、そういった人達の一部は、「実はもっとイイ英会話教材があります」と他の英会話教材を勧めています。結局自分たちの商品を売るための他社の誹謗中傷です。えげつない世界ですねぇ…。

でもスピードラーニングが本当にそんなに酷い会社なら、改訂とかしないと思うんですよね。

私も実際に使ってみて、いい教材だと思っています。(スピードラーニングって、メーカーのサイトによれば30年だそうです。そんな昔からありましたっけ?)

そういえば、スピードラーニングのサイトを見てみたら、何やら商品が増えています。初心者コース、通常コース、マンツーマン特別コース、電話英会話コース…ん?ポルトガル語!?。

私がこのブログを書き始めたころにはそんなになかったんですけど…。これらについては、また次回に書きたいと思います。

 

Filed under: 雑感