スピードラーニング第2巻の感想「旅行の英会話」

スピードラーニングの第2巻は「旅行の英会話」です。この巻がスピードラーニングの中では一番人気じゃないかと思います。

とにかく役立ちます。海外旅行に行く前は絶対聞いたほうがいいですね。

飛行機にのって、イミグレーション、税関、ホテルにチェックインモーニングコール頼んで、レストランで外食、タクシー乗ったり買い物したり、落し物して、挙句の果てには具合悪くなって病院まで行ってくれます。

スピードラーニングの他の人の体験談読んでいると「海外旅行したらスピードラーニングの英語がそのまま出てきた」というコメントがありますが、その通りだと思います。

よく使われるお決まりの表現が満載。

やたら道を聴きます。「○○まではどうやって行ったらいいですか?」「入り口を出たら右に曲がって2つ目の角を左側に・・・」みたいな表現が沢山出てきます。

そうですよね。初めての土地に行ったら道を尋ねることって頻繁にあるはずです。これぞ実践的な英語です。教科書的な英語ではなくて、こなれた英語です。

文学作品やニュースの英語よりもはるかに役に立ちそうです。

スピードラーニングの人気の秘密がわかるような気がします。

海外旅行には効果ありますよ。

(追記、2019/9/13)この内容は当時のモノです。2019年9月より教材がリニューアルされてタイトルや中身が変更されています。

Filed under: スピードラーニング各巻の感想

スピードラーニング第1巻の感想「日常英会話」

スピードラーニングの第1巻は「日常英会話」アメリカ人が近所に引っ越してきて、自己紹介したり日本について説明します。

そしてそのアメリカ人一家の一日の会話が収録されています。朝ごはんの時の話とか、お父さんが家から帰ってきたときの会話とかそういうものです。

正直、英会話の教材だなーと感じました。いかにもテキスト。

悪く言えばストーリーがちょっと退屈、好きな巻ではありません。しかし良く言えば、使える表現が満載です。

文法中心の教科書英語を学んできた昭和世代のオッサンには新鮮です。

外国人と初めて出会ったら、自己紹介をするでしょうし家を褒めたり、家族の話をするでしょう。そういった実際に使える表現がてんこ盛りです。効果ありますよ絶対。

これはスピードラーニングの特徴ですね。

ビジネスマンが英語を学び始めるとニュースとか英字新聞に走りがちです。

(追記、2019/9/13)この内容は当時のモノです。2019年9月より教材がリニューアルされてタイトルや中身が変更されています。

Filed under: スピードラーニング各巻の感想