英語をマネして話してみた

聴きなれたスピードラーニングでシャドウイングに改めて取り組んでみました。第1巻「日常英会話」でやってみました。わりとスムーズに話せます。

しかし途中で飽きてきました。この巻が好きではなかったからだと思います。この巻がダメというわけではなく、僕の好みに合わなかっただけです。この「好み」というのは人それぞれなのでコレが好きだという人もいるでしょう。

このサイトで何回も繰り返していますが、「嫌いにならない工夫」というのが物凄く大切だと思います。「英語が上手くなるためには」ということは皆さんよく考えると思うのですが、そのためには「続ける工夫」が大切でしょうし、僕のような決して意思が強くない人間にはこの「嫌にならない工夫、スピードラーニングを楽しむ工夫」が一番大切だったのです。

そこで好きな巻でやることにしました。例えば19巻「独立記念日」とか20巻「博物館、美術館」です。まるでその場所に自分がいるような気分になってくるから、飽きないのです。

シャドウイングですから、テキストを見ず、英語(スピードラーニングのEnglish-Only版)を途中で止めないで、というのが原則ですが、ムリせず最初はテキストをみて音読をしました。その後、お手本に合わせて(少し遅れて)英語を口に出してみます。

10分もやっていると頬の筋肉がダルくなってきました。日本語と英語では使う筋肉が違うんだなと思いました。

続きを読む

Filed under: スピードラーニング本当の体験談

英語を口に出したくなってきた

英語は勉強というよりも息抜きの時間。英語は読むものというよりも聴くもの。

スピードラーニングで聞き流しを始めてから、そのように変化してゆきました。このころになると、英語を口に出してみたくなりました。英語を聴きなが ら、それに合わせて少し遅れて口に出して話してみる、いわゆる「シャドウイング」というものにチャレンジしてみることにしました。これも、「英会話上達のために頑張ろう」という気負いはなく、「おもしろそうだからやってみたい」という楽な気分からのスタートです。

その時に楽しんでいたオーディオブックを利用して始めたのですが、なかなか上手くいきません。つまづく箇所が多いせいか、イライラしてきます。イライラする状況が多いというのは避けたかったので、シャドウイングはやめました。

しかし英語を聴く時間が増えてくるにつれ、「話してみたい」という気持ちはどんどん高まります。どうしたものか?と思い、シャドウイングのやり方についていろいろと調べてみました。

すると最初のうちは何回も聴きなれた教材で練習するのが良い、と書いてありました。何回も聴きなれた英会話教材というと、自分にとってはスピードラーニングになります。そこでスピードラーニングを改めて聞いてみることにしました。

懐かしいです。英語だけが収録されたものを聞いたのですが、以前よりも英語がずいぶんゆっくり聞こえます。そのぶんリスニング力は上達したのでしょう。

シャドウイングをしてみました。

驚くことにオーディオブックのときよりも、はるかに楽にできました。自覚はしていなかったのですが、スピードラーニングは同じ巻を繰り返し聞いていましたので、リズムやイントネーションを無意識のうちに覚えていたのです。

続きを読む

Filed under: スピードラーニング本当の体験談