聞き流すだけで英語が話せるなんてウソ?

テレビコマーシャルで有名なスピードラーニング。「聞き流す英会話」と広告を出しています。

これを最初に見たとき「ウソだ、効果なんかないよ」と思いました。だって聞き流すだけで英語が話せりゃ苦労しませんよ。皆さんそう思いませんか?

聞き流しで英語が話せるようになるんだったら、日本人はもっと話せているはずです。それに洋楽聞いてれば英語が話せるようになることになってしまいます。

昔、カッコつけてFEN(英語のラジオ放送)をずーっと部屋で流していたことがありましたが、リスニングに効果は感じられませんでした。

「運動もせず、好きなだけ食べてもこのサプリさえあればダイエットは簡単です」って広告を信じろというのと同じです。子供じゃないんだから簡単には騙されませんよ。

実際にインターネットでスピードラーニングの口コミや評判を調べると「聞き流しで英語は話せるようにならない!」って断定しているモノがたくさんあります。

これらを読み進めると、パターンは2つ

続きを読む

Filed under: 体験談

スピードラーニングに解説がついた!その②

スピードラーニングに「やり直し英語」という商品ができて、それに日本語の解説CDがついた、という話の続きです。

友人のスマホで聞いてみました。

生徒役のユミと先生役のジャックが会話しながら英語の表現について説明しています。

例えば訪問先で「そろそろ帰らなくてはいけないとき、なんと切り出せばよいか?」続きを読む

Filed under: 教材の感想

スピードラーニングに解説がついた!その①

スピードラーニングにやり直し英語という商品が出ています。新登場だそうです

絶妙なネーミングですね、やり直し英語って。

日本人の場合、中学高校と(最近は小学生も)英語を学んでいるわけで、基礎は一通りわかっているでしょうから、もう一度やり直せば話せるようになりますよ、ということなんでしょうね。

商品の特徴としては、「解説付」だそうです。メーカーさんのサイトで初めて見たときちょっと驚きました。

続きを読む

Filed under: 教材の感想Tagged with: ,

スピードラーニングが改訂していた

スピードラーニングって、意外とやっている人多いんです。私の知り合いでも何名もいます。

その一人と話していて気づいたんですけど、スピードラーニングの中身が変わっています。このブログでも紹介した第3巻「オフィスの英会話」が現在は「日本へようこそ」に変更になっています。

新しいのは中身を聞いていないんですけど、日本を外国人に紹介する内容なんでしょうね、きっと。

確かに最近外国人がやたらと増えていますから、時代に併せて改訂したのでしょう。

続きを読む

Filed under: 教材の感想

TOEICで940点取ったS君の話②

受験英語だけであっさりTOEIC940点を取ったS君によれば

①英語は量、英語が苦手な人は量が足りない
②日本語で書かれた解説書を読むよりも生の英語に接したほうが良い。

とのこと。じゃあコレをどうやって実行するかということです。まず①から

①英語は量、英語が苦手な人は量が足りない。

じゃあどうやって量を増やすかというと、まぁ学習時間を増やせば良いんですが、それを言っちゃおしまいですね。S君によれば

続きを読む

Filed under: 評価

TOEICで940点取ったS君の話①

久しぶりの投稿です。ログインパスワードを忘れてしまって、放ったらかしにしていたわけではありません(汗

S君は僕の音楽仲間です。ずいぶん年下です。

そのS君が大学受験の際にリスニングの勉強をしているのを知って、スピードラーニングのCDを貸しあげようかと思って、とりあえずその時持っていたMP3プレーヤーに入っているスピードラーニングを聞かせたんです。

数分間聞いたあと、S君は「ありがとうございます。せっかくですけど全部聞き取れちゃいます」と言いました。

続きを読む

Filed under: 評価Tagged with: , ,

「聞き流すだけで良い」というのはウソ? ④

話がずいぶん長くなってしまいましたが、結論「聞き流すだけでは話せるようにはならないだろう」と私は思います。

それを知っているから英会話教材スピードラーニングの制作元であるエスプリラインさんも「無料英会話」などの「話すためのサービス」を提供しているのでしょう。

では、なんで「聞き流すだけで良い」とCMを流しているのでしょうか?

続きを読む

Filed under: 評価

楽チンすぎる!これで本当に大丈夫なの?

結局、友人の言葉を信じて、スピードラーニングをスタートしました。まずは第1巻です。 英語の後に日本語が流れていてくれるから、テキストを見なくても意味は把握できます。これは評判どおりでした。

でも、聞き取れない単語がたくさんあります。

テキストを見たくなりました。しかしそれやったら今までと変わらない。きっと途中で放棄してしまうと思い我慢しました。

スピードラーニングは聞き取れない単語があっても、英語の後に日本語が流れていますから、何回も聞いていると意味は覚えてしまう。

すると今後は日本語がうっとおしくなってきたので英語だけが収録されたCDを聞くようにしました(2016年10月現在は受講者専用のアプリもあって大変便利)。でもやはりうまく英語が聞き取れません。

続きを読む

Filed under: 体験談

英語が聞き取れないのに慣れてきた!?

不安なまま、とりあえず聞き続けました。最初は「聞き取れない、聞き取れない」とイライラしながら聞いていました。慣れというのは恐ろしいもので、英語が聞き取れないことに慣れてきたというか、1週間もすると、リラックスして聴けるようになりました。

ス ピードラーニングは英語が流れてそのあと日本語の意味が流れるんですけどその後ろにクラシック音楽が入っています。

バッハの平均律やG線上のアリアなど、 名曲が程よいボリュームで後ろに流れているんですね。これがいいのか、とにかくリラックスできる。クラシック音楽が流れている高級ホテルのロビーで外国人が英会話してるそのそばに自分がいる、そんな雰囲気なのです。

実はスピードラーニングを始める前に、書店で売っているリスニングの教材をいくつか試してみたこともあるんですけど、緊張を強いられるというか、テストを受けさせられているような感じで、疲れるんです。
だから購入して最初の数日は頑張って聞くのですけど辛くなって結局辞めてしまう。積み残してばかりでした。

続きを読む

Filed under: 体験談