英語を口に出したくなってきた

英語は勉強というよりも息抜きの時間。英語は読むものというよりも聴くもの。

スピードラーニングで聞き流しを始めてから、そのように変化してゆきました。このころになると、英語を口に出してみたくなりました。英語を聴きなが ら、それに合わせて少し遅れて口に出して話してみる、いわゆる「シャドウイング」というものにチャレンジしてみることにしました。これも、「英会話上達のために頑張ろう」という気負いはなく、「おもしろそうだからやってみたい」という楽な気分からのスタートです。

その時に楽しんでいたオーディオブックを利用して始めたのですが、なかなか上手くいきません。つまづく箇所が多いせいか、イライラしてきます。イライラする状況が多いというのは避けたかったので、シャドウイングはやめました。

しかし英語を聴く時間が増えてくるにつれ、「話してみたい」という気持ちはどんどん高まります。どうしたものか?と思い、シャドウイングのやり方についていろいろと調べてみました。

すると最初のうちは何回も聴きなれた教材で練習するのが良い、と書いてありました。何回も聴きなれた英会話教材というと、自分にとってはスピードラーニングになります。そこでスピードラーニングを改めて聞いてみることにしました。

懐かしいです。英語だけが収録されたものを聞いたのですが、以前よりも英語がずいぶんゆっくり聞こえます。そのぶんリスニング力は上達したのでしょう。

シャドウイングをしてみました。

驚くことにオーディオブックのときよりも、はるかに楽にできました。自覚はしていなかったのですが、スピードラーニングは同じ巻を繰り返し聞いていましたので、リズムやイントネーションを無意識のうちに覚えていたのです。

続きを読む

Filed under: 体験談

英語をマネして話してみた

聴きなれたスピードラーニングでシャドウイングに改めて取り組んでみました。第1巻「日常英会話」でやってみました。わりとスムーズに話せます。

しかし途中で飽きてきました。この巻が好きではなかったからだと思います。この巻がダメというわけではなく、僕の好みに合わなかっただけです。この「好み」というのは人それぞれなのでコレが好きだという人もいるでしょう。

このサイトで何回も繰り返していますが、「嫌いにならない工夫」というのが物凄く大切だと思います。「英語が上手くなるためには」ということは皆さんよく考えると思うのですが、そのためには「続ける工夫」が大切でしょうし、僕のような決して意思が強くない人間にはこの「嫌にならない工夫、スピードラーニングを楽しむ工夫」が一番大切だったのです。

そこで好きな巻でやることにしました。例えば19巻「独立記念日」とか20巻「博物館、美術館」です。まるでその場所に自分がいるような気分になってくるから、飽きないのです。

シャドウイングですから、テキストを見ず、英語(スピードラーニングのEnglish-Only版)を途中で止めないで、というのが原則ですが、ムリせず最初はテキストをみて音読をしました。その後、お手本に合わせて(少し遅れて)英語を口に出してみます。

10分もやっていると頬の筋肉がダルくなってきました。日本語と英語では使う筋肉が違うんだなと思いました。

続きを読む

Filed under: 体験談

英語のニュースが聞き取れた

スピードラーニングでシャドウイングや音読をするようになったらさらに英語が聴きとりやすくなりました。英語を口に出してみるというのは、スピーキングのみならずリスニングにもとても有効だったのです。

そこで英語のニュースを聞いてみることにしました。以前チャレンジしたNHKの「ニュースで英会話」というサイトです。

さっそく聞いてみると、あれ?聞き取れます。以前はところどころ聞き取れるといった感じでしたが、今回はだいたい聞き取れて意味がわかるようになっていました。明らかに進歩です。

もちろんところどころ知らない単語も出てきますが、内容はほぼ理解できます。ニュースにおいて知らない単語が出てくるのは日本語の新聞を読んでいてもよくあることなので気にしないようにしました。

以前は「英語のニュースは早口で難しい」という印象をもってましたが、「むしろしっかり発音してくれるので聞き取りやすい」と感じるようになりました。

ス ピードラーニングはあいさつとか買い物とか食事とかそういった日常的な英会話なので、ビジネスシーンやニュースとかそういったアカデミックな英語の習得に は役立たないんじゃないか?当初はそう思っていましたが杞憂でした。スピードラーニングでニュースも聞き取れるようになるのです。

続きを読む

Filed under: 体験談

英語が口から出てくるってホントだった

通勤電車の中でスピードラーニングを使ってシャドウイングをするようになりました。周囲に人もいるので声は殆んど出さずつぶやくようなカンジで行います。

ちょっと恥ずかしいので、鼻と口を軽く手で覆うようにして目立たないようにしていましたが、慣れてくると「もういいや」ということで、手で覆うのはやめ、うつむき加減に行いました。(変な人w)

シャドウイングのよいところは、どんどん進んでいって、それなりに忙しいので日本語を思い浮かべる余力がありません。場面のイメージ→英語という直接的な流れで、間に日本語が入る余地はないのです。アタマの中が英語だけになります。

私の場合は通勤時間が片道1時間弱です。たった1時間弱ですがずーっと英語をつぶやいていると、普段使わない筋肉を使うせいか、頬の筋肉が痛くなります。途中でペットボトルの水を口に含み数分の休憩を入れながら行いました。

続きを読む

Filed under: 体験談

無料の電話英会話レッスン

スピードラーニングの会員になると無料の電話英会話がついてきます。フリートークといいます。

このフリートークを使った時の話をします。利用したのはスピードラーニングを初めて間もないころでした。

当時は今に比べてまだ全然英会話に自信がないころだったので利用する際には結構勇気が必要でした。

ドキドキしながらも電話してみると相手はネイティブの女性です。何を話そうかと考えるまでもなく「名前は?」「趣味はなんですか?音楽?どんな音楽 が好きですか?」といろいろ質問してきます。上手く聞き取れないところはゆっくり言い直してくれたり、とにかく会話のキャッチボールを上手にリードしてく れました。さすがプロです。英語が苦手な人を相手に会話を盛り上げるのに慣れています。

続きを読む

Filed under: 体験談

さよならスピードラーニング!

突然ですが、スピードラーニングを卒業しました。

思えば「聞き流すだけで話せるわけないよね」という気持ちと「でも、今まで何やっても長続きしなかったからもうコレくらいしか残ってないかもしれない」という気持ちが入り混じった半信半疑の状態からのスタートでした。

でもおかげでスピードラーニングのおかげで本当に英語が大好きになりました。英語を聴くと「リズミカルでなんてかっこいい言語なんだろう」って思います。「英和辞典(電子辞書)って面白い読み物だな」と思うようになりました。

今では洋書を読み漁ったり音読したり、英和辞典を深く読み込んだりと様々なやり方で英語を学んでいます。スピードラーニングで英語を好きになったからこそできるようになった学習法です。そうです。「聞き流すだけ」から卒業したのです。

「聞き流すだけ」からの卒業・・・

続きを読む

Filed under: 体験談

第32巻の体験談「家族の和」

スピードラーニングの32巻は「家族の和」。
題名から家族の絆を感じさせる内容かと思いきや、全然そんなことはありません。

第1トラックはボランティア活動についてです。
オノ夫人がご近所の奥様よりボランティア活動に誘われます。
地元に近所に住んでいる日本人たちで運営されています。

自分たちの子供が英語の特別授業をしてもらっているが、これにかかる費用は政府に支援してもらっている、それに対してなんらかの恩返しができないか、という目的で設立されました。

素晴らしいですね。日本人はアメリカでも好意をもって受け入れられているらしいですが、こういった努力が評価されているのだろうと思います。

内容は素晴らしいですが、話としては残念ながらあまり面白く感じませんでした。
スピードラーニングによくある、アメリカ文化や制度の説明の場合、
物語がぐんぐん進んでいくというわけではなく、事実の羅列になっているので、
退屈になってしまうのでいたしかたないですね。

続きを読む

Filed under: 教材の感想

第31巻の感想「新しい住居」

スピードラーニングの31巻、これも前巻に続き、なかなかいいですね。
楽しんで聞き流せる英会話教材に仕上がっていると思います。

お馴染みのオノ夫妻が新居を探します。自宅兼オフィスです。
不動産屋さんの案内で下見をするのですが、私はその広さに驚きました。

家の建坪が120坪、確かに大きいけど、まぁ想像の範疇です。
土地が1800坪ですよ。ちょっとした公園ですよ。
マンハッタンから車で1時間ですって、いいなぁ。

スピードラーニングってホームページの説明によれば
開発者が英会話教材を作るにあたり、実際にアメリカに
移り住んだ際の実話に基づいて書かれているそうらしいんですけど。
開発者さんのご自宅、こんな豪邸ですか?

家を内覧しながら不動産業者から説明を受けているんですけど
英語はそんなに難しくないですね。スピードも速くない。
1巻からはじまってここの巻までたどり着いた人であれば
十分聞き取れるレベルの英語だと思います。

建物や家具に関する単語が出てきますから実用的ですね

続きを読む

Filed under: 教材の感想