こんな人はスピードラーニングは効果なし? ③

暗記が好きな人、単語や例文を暗記するのが好きな人そういった人にはスピードラーニングはお勧めできません。

どうしてかというと、暗記用に作られていないからです。暗記用の教材の場合、5文型とか、分詞構文とかそういった文法ごとに分類して、暗記用の短文 が載っているものが多いです。もしくは提案とか謝罪とかの場面ごとに分類してあるものもあります。そうやって整理してあったほうが暗記しやすいからです。

スピードラーニングはそうではありません。分類していません。物語を読むようにストーリー形式になっており、様々な構造の文章がちりばめられています。

「暗記する」ということより、自然なストーリー形式にして、「楽しく英語を継続する」ことに重点を置いています。続けていれば、無理に覚えようとしなくても自然と覚えるからです。

さらに暗記用の教材の場合「日本語⇒英語」の順になっています。日本語を見て英語を考えさせるような構成になっています。いわゆる英作文の練習です。

日本語を英語に変換する練習をたくさん積んでゆけば英語が話せるようになる、というのが英作文を支持する人たちの理論なんだと思います。「スピードラーニングは英作文をしないからダメ」だと口コミサイトに書き込んでいる人もいます。

しかし、有効かどうかは別として、英作文は大変な忍耐力を必要とします。挫折してしまう人が多いのです。はっきりいって私も挫折しました。つまらな いし受験勉強の延長みたいな気分になってやめてしまいました。仮にどんな素晴らしい方法だったとしても、自分が続けられないものは結局意味ないと思います。

それに対しスピードラーニングは「英語⇒日本語」の順になっています。スピードラーニングは「英作文する必要はない」というスタンスです。だから英語の前ではなく、英語の後に日本語が吹き込まれています。これは僕にとっては良かった。楽しく続けられました。

私は英作文はしませんでしたが、言いたいことはそれなりに英語で言えるようになりました。スピードラーニングを繰り返し聞いているうちに、英語のフレーズが 身についたのだと思います。(まだまだ修行中ですが・・・)

数年前に買った英作文の本を見返してみたら、以前は難しく感じたのに、すらすらと回答できるようになっていました。

ということで、暗記が好きな人にはスピードラーニングはお勧めできません。私が書いたこの文章が「理屈っぽい」とか「5文型?何言ってんのかわからない」人にむしろお勧めできると思います。

Filed under: 評価