スピードラーニングは「買い」なのか? その4

スピードラーニングはBGMにクラシック音楽が入っています。これが私にとっては非常によかった。リラックスできて疲れにくいのです。

最近はオーディオブックを聴くようにしていますが、スピードラーニングに慣れていたせいか、BGMなしで英語だけしか入っていないものを聴くと緊張感を強いられます。

例えて言えば、殺風景な会議室で人の話を聞いている感じです。これにBGMがはいっているとレストランや居酒屋で話をきいているみたいにリラックスできるのです。

FMラジオでDJが英語を話しているのってリラックスして聴けますよね。あれと同じじゃないかと思います。

スピードラーニングは同じCDを何回も聴く、という学習法です。「始めたころは、同じ話を何回もきけるわけない」と思いましたが、やってみると何回も聞けてしまいます。

これはBGMの力によるところも大きいと感じています。音楽って何回も飽きずに聞かせられる力を持っています。言葉だけだとなかなかそうはいきません。

これに対して、私は最近オーディオブック(英語の本を音声で吹き込んだもの)を聴くようにしているのですがBGMが入っていないせいか、疲れやすいですし繰り返し聞こうという気になりません。

そういう意味でよくできた教材だなぁと評価して良いと思うのです。

口コミサイトなどの評価を読むと「聞き流すだけで話せるのか」という概念的なこと ばかりが論じられていて、こういったスピードラーニングの良さについてあまり書かれていません。公式サイトの体験談を読んでみると私と同じように「音楽が 流れているのでリラックスできる」という声が沢山あります。

口コミサイトでもその効果をもっと評価されてもいいと思います。

 

Filed under: 評価