英語のニュースが聞き取れた

スピードラーニングでシャドウイングや音読をするようになったらさらに英語が聴きとりやすくなりました。英語を口に出してみるというのは、スピーキングのみならずリスニングにもとても有効だったのです。

そこで英語のニュースを聞いてみることにしました。以前チャレンジしたNHKの「ニュースで英会話」というサイトです。

さっそく聞いてみると、あれ?聞き取れます。以前はところどころ聞き取れるといった感じでしたが、今回はだいたい聞き取れて意味がわかるようになっていました。明らかに進歩です。

もちろんところどころ知らない単語も出てきますが、内容はほぼ理解できます。ニュースにおいて知らない単語が出てくるのは日本語の新聞を読んでいてもよくあることなので気にしないようにしました。

以前は「英語のニュースは早口で難しい」という印象をもってましたが、「むしろしっかり発音してくれるので聞き取りやすい」と感じるようになりました。

ス ピードラーニングはあいさつとか買い物とか食事とかそういった日常的な英会話なので、ビジネスシーンやニュースとかそういったアカデミックな英語の習得に は役立たないんじゃないか?当初はそう思っていましたが杞憂でした。スピードラーニングでニュースも聞き取れるようになるのです。

スピードラーニングを聴くよりもニュースを聴く方がカッコいいような気がして、しばらくニュースを聴くようにしてみました。しかしやっぱり聞いていて疲れます。内容がどうしても堅苦しいのです。楽しくない。ということで、ニュースはあまり聞かなくなりました。

しかし、ニュースが聞き取れるようになったということは物凄く自信につながりましたし、「聞き流し」がニュースの聞き取りにも有効だということがわかって安心できました。

 

Filed under: 体験談