英語がどんどん好きになってきた

スピードラーニングを初めて3か月もすると英語がどんどん好きになってきました。始めた当初は勉強感覚ってありましたし、また続かないんじゃないかって不安もありました。

それが、「英語のリズムってカッコいいな、もっと聞きたい」と思えるようになってきたのです。聞く時間もどんどん増えていきました。スピードラーニングって僕にとってはいろんな利点があった教材ですが、その中で一番大きかったものがこの「英語が好きになった」ということです。

学生時代、僕に とっての英語は受験のためのものでしたし就職活動の際にはスキルアップのためのものでした。完全に勉強でした。だから始める前は「辛いけどがんばろう!」 「この努力はいつか報われる」と気合を入れて取り組むものでした。英語は「ねばならないもの」「努力と根性で取り組むもの」だったのです。

それがスピードラーニングをやっているうちに「楽しいモノ」「かっこいいモノ」「音楽みたいに気分転換になるモノ」に変わったのです。これは本当に感謝したいです。

聞く時間もどんどん増えていきました。休みの日などは、近所の公園で缶コーヒー飲んで日向ぼっこしながら、5~6時間英語を聴いたりしたこともありました。1か月に1巻のペースでは物足りなくなって先の巻を手に入れてどんどん聞いてました。

正しい英語の勉強法とか、効果的なやり方とか、そんなものはだんだんどうでも良くなってきて、英語ならなんでも楽しい。ちょっとオーバーですが「もっと英語を!」という状態です。

ス ピードラーニングの体験談(口コミ)を読んでいると「英語が楽しい」「スピードラーニングを聞く時間がハッピータイム」と話している人がいます。実際に自分で始める前は、こういった体験談を「随分オーバーだなぁ」と思っていました。でも実際に体験してみると決して嘘ではなく、本当にそうなんだろうなと思えるようになりました。

決してペラペラになっているわけでは無い、聞き取れない部分もあります。でも着実に英語が上達しているのが実感できるのです。

「できなかったことができるようになる」これが嬉しいのです。「ああ、英語が趣味になった。きっともう英語の学習を投げ出すことはないだろうな」と確信しました。

(つづく)

Filed under: 体験談